ホーム » 腸内フローラはやっぱり食べて体質改善!

腸内フローラはやっぱり食べて体質改善!


fr

近年、腸内フローラというものが注目を集めています。一体どんなものなのかといえば、腸の内部がひだになっていることから、花畑、という意味合いでフローラという名前がつけられました。

実際見てみると腸のキレイな人の腸内フローラは本当にキレイなようで、花畑を連想させてもおかしくないと言われています。

しかし実際腸内フローラ、つまり腸内環境を整えるにはまずは食事からが基本んでしょう。そのためにはまずトップにあがるのが乳酸菌。

ヨーグルトなどの乳製品にはいっているものです。この乳酸菌は腸内の善玉菌の餌になってくれるので、善玉菌を増やし、腸内活動を活発にしてくれる役割を持っています。

腸内フローラに乳酸菌はよい、それ以上に食物繊維も良い

ヨーグルトやチーズ、納豆やみそなど、発酵食品に多く入っているのが乳酸菌なので、何も牛乳由来のものでなくても良いのです。

よく納豆キムチがよいといわれるのは発酵食品を同時に摂れるからとも言えます。また美味しいということもありますね。

ただ、腸内フローラのバランスを改善するには食物繊維が関係すると言われています。腸を刺激し、ぜんどう運動を活発にすることで便を外へ排出する目的の食物繊維は、腸内フローラにとって大変よいものなのです。

乳酸菌が善玉菌の最大の餌と言われつつも、食物戦が選ばれているのはやはり胃酸などで乳酸菌は殆ど死滅してしまうからです。

その代わり、食物繊維はしっかり腸まで届き、老廃物をからめとって外へ出してくれるので、食物繊維だけではなく、乳酸菌だけでなく、バランスよく栄養を保ちつつ腸内フローラを改善するとよいでしょう。

食物繊維は腸内フローラをよくする?悪くする?

食物繊維には2種類あるのは知っていましたか?

実は不溶性食物繊維、水溶性食物繊維というものがあります。ですから食物繊維にはそれぞれ食べ物が持つ違う食物繊維があるということになります。

水溶性食物繊維とは一体どんなものなのでしょうか。それは名前からイメージできるように水に溶ける食物繊維です。わかめ、昆布など海藻から摂取できます。

また不溶性食物繊維は溶けない繊維で、レタス、キャベツ、根菜類など色々な野菜に含まれているものです。

この両者のバランスが腸内フローラをキレイにしてくれます。食物繊維を摂取する上で最も大切なのは何かと言われると、まず水溶性:不溶性が1:2の割合であるということです。

どちらが多くても少なくてもいけないんですね。

ju

食物繊維は不溶性水溶性どちらもほしいし乳酸菌もほしい

腸内フローラを悪くしている原因と言えば肉などのたんぱく質や脂質などですから、肉中心の生活をしているという人は、同時にサラダをしっかり食べる、もしくは肉を控えるなどして腸内フローラを改善しましょう。

そうやって行くうちに腸内フローラが育まれていき、健康な腸に戻っていきます。

昨今では乳酸菌でも生きたまま腸に届く!というネーミングで登場している乳酸菌も多くありますが、基本的に腸内フローラ改善や健康的に育てるためには食べ物からの食物繊維が一番だと言えます。

そのための黄金比率1:2もしっかり守って摂りたいものです。むろん、乳酸菌が悪いというわけではありませんから、是非生きて届くという乳酸菌も積極的に摂りましょう。

http://xn--n8jaw9iohkjoimf484z9qvg8o5a.com/

 

最善策!
カテゴリ
最新の投稿